アンチエイジングは、老化タンパク質を排除することと、タンパク質を老化させないことが、大切になってきます。
その役割が期待できる、今アンチエイジングで話題になっている食べ物が、「色の濃い野菜」、そして、「香りの強い野菜」です。

例えば、ゴボウや、ニンニク、小松菜、パプリカなど...
ほかにも、きのこや鶏胸肉、大豆、ゴマ、アーモンドもお勧めです。

これらの食べ物を積極的に食べるようにしたいですね。
これらの食べ物には、抗酸化成分が豊富で、また、食物繊維も豊富に入っていますので、様々なトラブルの原因となる、老化タンパク質の増加を抑えることができます。

特にアンチエイジングには欠かせない肌の弾力と関係してきますから、シミ、シワ予防には、とても良い効果を期待できる食べ物になります。

日本は、仕事が忙しくランチの時間も思うように取れないという方も多くいらっしゃるとおもいます。

普段から時間に追われ、食事時間を削るため、早食いに慣れてしまっている人も多いですが、それは肥満に繋がる食べ方になってしまいます。

早食いが習慣化してしまっている人は、食事時間がある時でも、ついつい早食いをしてしまいます。
ゆっくりと食べ物を噛んで味わって食べ行為もアンチエイジングに繋がる大切なことです。

特に美容に興味がある女性の方は、今日からでも早食いを治しましょう!

アンチエイジングと抗酸化作用の食材

私たちは酸素を取り入れて、エネルギーをつくり、その過程で一部の酸素が酸化力の強い活性酸素に変化します。
活性酸素の酸化によるダメージは大きく、老化促進に大きな影響を与えてしまいます。
この活性酸素を抑える働きが抗酸化作用です。
そのため、強い抗酸化作用のある食材は、アンチエイジングには欠かせないことが分かりますよね。
たとえば、ポリフェノール。
ポリフェノールは、強力な抗酸化作用を持っており、美肌にもいいとされています。
他に、カロテノイドも抗酸化作用があります。
カロテノイドは、植物に含まれている赤や黄色、オレンジ色などの色素成分で、にんじんのオレンジ色はβ-カロテンが含まれているためです。
その他、ホウレンソウやかぼちゃ、ピーマン、トマトなどの「緑黄色野菜」、レモンやキウイフルーツなどの「ビタミンC」、大豆食品や緑茶もまた、抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的な食材です。

■アンチエイジングに効果的な調理の仕方
アンチエイジングに効果的な食材を正しい調理方法でより効果的にするために気をつけること。
水溶性ビタミンを含む野菜は、サッと洗い汚れを落とし、生で食べることをおすすめします。
切ったらなるべく早く食べるようにしましょう。
魚は刺し身や煮付けにして食べるようにしましょう。
焼く、揚げる調理法は、大切な魚の油が落ちてしまいます。

こういったように、アンチエイジング効果を期待できる食材を積極的に取り入れること、正しい調理法で効果的に摂取するなど、日ごろの食生活を見直すということも、アンチエイジングを始める一歩です。

☆おすすめリンク
ミュゼ愛知
ミュゼ京都
ミュゼ島根

やっぱり酵素ダイエットですか。、

エクササイズ終了。
通い始めて2カ月だけど、全体的にウエイトは落ち気味。
ここ2週間で3キロダウン。

でもこれってエクササイズの結果じゃなくて、実は酵素ダイエットの成果だったする。
この2カ月は「朝食」は酵素ドリンクのみにしてみた。
朝はしっかり取るっというのは都市伝説で、実は朝は消化酵素をなるべく使わない方がベストなわけです。
酵素ダイエットの効果を最大化するにはね。

酵素ドリンクも3種類試したけど、やっぱりベルタ酵素がお気に入り。
ピーチが好きだから原液のままゴクゴク飲めるので。

酵素っていいですよねー。 代謝がかならずアップしますからー。

酵素ドリンクを買うのはオススメです。
ダサい商品もありますけどね。

★オススメのダイエット方法です。
酵素ドリンクの飲みかたで、簡単なのは定番なのは「お水」で割って飲む方法。
原液で飲むよりサッパリし、非常に飲みやすくなります。
各メーカーともに「お水で割って飲みこと」を前提に配合、調整しています。ミネラルウォーターなどで割ると更に美味!

http://www.damesonic.jp/
酵素ダイエッット向けランキング 

若さと美を保つ食事

加齢にともなって女性が気になるのが、お肌のたるみやしみシワ、そして髪の毛のボリュームがなくなってしまうなどの悩みですよね?でも「年だから仕方のないこと」と諦めてしまわずに、若さを保つ食事を心がけることで、加齢への速度が変わってきます。まずとりたいのが良質の淡白質です。年を取ると肉類を遠ざけてしまいがちですが、たんぱく質は活力の源にもなるので、上質の牛肉のヒレ部分や鶏肉、魚、大豆食品などを積極的に食べましょう。脂身の多い肉は良質とはいえず、高カロリー摂取のもとにもなるため、控えたほうがよいでしょう。

また食物繊維は便秘解消に役立つだけでなく、よぶんな脂肪分を排除してくれます。大腸では腸内細菌を助けるため、便の量を増やして便秘を解消してくれるのです。そして積極的にとりたいのがビタミン類です。特にビタミンCは身体の酸化を取り除いてくれるので、意識をしてとりたい食品ですね。ジューサーで新鮮なフルーツや野菜でジュースを作って飲むと、たくさんのビタミンを取ることができますよ。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261